This RSS feed URL is deprecated

This RSS feed URL is deprecated
This RSS feed URL is deprecated, please update. New URLs can be found in the footers at https://news.google.com/news


記事引用元
This RSS feed URL is deprecated



モズカッチャン勝利 鮫島師18年目の「戴冠」 エリザベス女王杯 – 産経ニュース


スポーツナビ

モズカッチャン勝利 鮫島師18年目の「戴冠」 エリザベス女王杯
産経ニュース
競馬の第42回エリザベス女王杯(GI)は12日、京都競馬場(11R2200メートル芝、18頭)で行われ、5番人気のモズカッチャン(M・デムーロ騎乗)が2分14秒3で制し、GIレース初勝利を飾るとともに1着賞金9300万円を獲得した。デムーロ騎手は昨年のクイーンズリングに続き …
モズカッチャンがG1初勝利 競馬のエリザベス女王杯日本経済新聞
名手に導かれモズカッチャン女王杯制覇スポーツナビ
【エリザベス女王杯】(京都11R)~モズカッチャンが待望のGⅠ初V [News]ラジオNIKKEI
ニフティニュース
all 61 news articles »



記事引用元
モズカッチャン勝利 鮫島師18年目の「戴冠」 エリザベス女王杯 – 産経ニュース



ミスシンザンとの記念撮影会も ホッカイドウ競馬最終日に開かれた応援 … – netkeiba.com


netkeiba.com

ミスシンザンとの記念撮影会も ホッカイドウ競馬最終日に開かれた応援 …
netkeiba.com
ホッカイドウ競馬最終日にあわせた「応援ビアパーティー」が9日夜、浦河町大通3の場外馬券発売所Aiba浦河に隣接する浦河ウエリントンホテルで開かれ、約450人が来場し …

and more »



記事引用元
ミスシンザンとの記念撮影会も ホッカイドウ競馬最終日に開かれた応援 … – netkeiba.com



キャプテン的中!モズカッチャン◎♫エリザベス女王杯 (G1) ウイニング競馬 柴田阿弥 馬券予想 2017年11月12日 京都競馬



ウイニング競馬 キャプテン モズカッチャン エリザベス女王杯 (G1) 柴田阿弥 馬券予想 2017年11月12日 京都競馬
今年の女王を決めるエリザベス女王杯(京都2200メートル、13日午後3時40分発走)。 いよいよG1で3歳と古馬(4歳以上)の牝馬が激突する。「ずっと大雨が続いていたけれど、やっと良馬場でG1が見られそう。今年の3歳は、古馬相手にどこまでやれるか」と真希バオー。松沢記者は、「このレースは3歳が活躍しているんだ。斤量(騎手と重りの合計)が古馬に比べて2キロも軽いからな。今年も要注意だ」とアドバイスする。 最強牝馬が集うレースだが、荒れる気配はあるか。「2009年に11、12番の1、2着で馬連(1、2着を当てる)の配当は10万2030円だった。昨年も1万3710円の高配当。しかし、過去10年で2000円未満の配当が7回。無謀な穴狙いは避けたほうがいいな」昨年の覇者クイーンズリングを指名。昨年はミルコ・デムーロ騎手とのコンビだったが、今年は弟のクリスチャン・デムーロ騎手が騎乗。「前走の府中牝馬ステークス(S)=東京1800メートル=は、出遅れて後方から大外を回って2馬身4分の1差の4着。次走につながる末脚(ゴール前の加速)を見せた。昨年のこのレースから勝ち星は遠ざかっているが、一度使われた上積みは大きく、連覇に向けて万全の態勢で臨めるだろう」と期待する。 クイーンズリングを破るとすれば、ヴィブロス。「昨年の秋華賞(京都2000メートル)を勝ち、今年3月にはドバイターフ(メイダン1800メートル)を制覇。帰国初戦で6カ月ぶりの実戦だった前走の府中牝馬Sも、馬群をさばいてクビ差2着と好発進を決めた。めざましい成長ぶりだ」と目を張る。 割って入るとすれば、ルージュバック。「前走、牡馬一線級を相手にオールカマー(中山2200メートル)を差し切り勝ち。3走前の金鯱賞(中京2000メートル)は3カ月の休み明けで、2走前のヴィクトリアマイル(東京1600メートル)は距離が短かった。この距離がベストだろう。世界の名手、ムーア騎手が乗ることも心強い」
 穴は、リスグラシュー、モズカッチャン、スマートレイアー。 リスグラシューは、「前走の秋華賞で1馬身4分の1差の2着。勝ったディアドラの決め手には屈したが、先に抜け出したモズカッチャン(3着)を力でねじ伏せた。桜花賞(阪神1600メートル)2着、オークス(東京2400メートル)5着、秋華賞2着と、世代トップ級の実力。古馬相手でも、大きく崩れることはないだろう」。
 モズカッチャンは、「前走の秋華賞で、序盤に落鉄のアクシデントがありながら、リスグラシューにハナ差3着。オークスも2着と、実績はリスグラシューと同等だ。当日落ち着いていれば、V争いにも浮上する」。 スマートレイアーは、「前走の京都大賞典(京都2400メートル)を勝利。牡馬一線級を相手に、最速の上がり(最後の600メートルがメンバーの中で一番速かった)をマークした。7歳で大幅な上積みが望めず、斤量が2キロ増えるのも割引き材料。△にとどめた」。
 鋭く伸びる脚が持ち味のヴィブロスは、2走前のドバイターフで、日本馬の強さを世界に知らしめた。前走の府中牝馬Sで2着と、海外レースの疲れもすっかりとれたようだ。 2000メートル戦は、3戦して2勝2着1回とパーフェクト連対(1、2着に入る)。2200メートルに延びても十分対応できそう。ちなみにヴィブロスは、アルファベットで表記するとVivlos。ビクトリーのVが二つ。名前も縁起がいい。 昨年、このレース3着のミッキークイーンは、前走の宝塚記念(阪神2200メートル)で3着。15戦して5勝、2着5回、3着2回と抜群の安定感を見せている。休み明けも好走しているから、4カ月ぶりでも不安はない。・・・続きはこちら⇒キャプテン的中!モズカッチャン◎♫エリザベス女王杯 (G1) ウイニング競馬 柴田阿弥 馬券予想 2017年11月12日 京都競馬

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ